かつらの選び方 2 全かつら or 部分かつら ?

このページはかつらの選び方 2 全かつら or 部分かつら ?の記事を掲載しています。
トップsitemap
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かつらの選び方 第2回は「全かつら」or「部分かつら」です。

私の場合の脱毛は頭頂部分からひどくなり、徐々に全体に拡がっていきました。ですんで症状の初期には「部分かつら」後期には全かつらを使用していました。病院の先生は症状の進行を考え、「全かつらを・・」とおっしゃってましたが、自分の髪がある間は未練があったので「部分かつら」をつかいました。


頭頂のみが薄く周囲に毛髪がある程度残っている場合は
「部分かつら」を使います。これは自分の毛髪の薄い部分だけ(頭頂部分)をカバーしてくれるかつらのことです。

一見お手軽のように見えますが、なぜなぜどうして。自分の毛髪の色、髪質にあわせて部分かつらを選ぶのは難しい作業です。私もあれでもないこれでもないと随分迷いましたよ。最後は妥協でしたけどね。
とりつけはピン留めでとめて櫛でとかしつければOK!これはお手軽。


これに対して、自分の全毛髪が薄くまたは無くなってしまった場合に利用するのが「全かつら」です。頭全部を覆ってしまうので他の人には見分けにくくなります。(生え際は除く)

全かつらの大変なところは、台座部分(毛髪が生えている部分)のお手入れです。汗をかいたり、汚れが付いたり不潔になりがちです。利用が終わったら綺麗な布で拭く、乾かすなどが大変です。でもしっかりとお手入れしないと大変なことに!

※私の場合は「抗ガン剤」を利用して脱毛症状が進んだのですけど、症状が進行することが解っている場合は、自分の毛髪が残っている場合でも、全かつらを用意しておいた方がよいです。病院の先生に相談すると費用の問題もあり、全かつらを推奨してくれました。
関連記事
2007/01/24(水) | 未分類 | かつら通販Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。